うつ病について基本的な情報を身につけておきましょう

今後の変化

現在のチェック方法と今後どうなるのか

近年うつ病にかかる人の数が増えたことでうつ病なのかどうか簡単に調べる方法が増えてきました。 まず1つ目はWebによりチェックする方法です。 WebではWHOなどが作成しているチェックリストや心療内科の医師がリストを作り掲載しています。 調べたいユーザはこれらを使用して簡単に今現在の自分の状態を知ることができます。 2つ目にアプリによるチェックの方法があります。 基本的なチェック方法はWebでの方法と同じものを利用しています。 しかし、アプリによるチェックはWebではできない日々の継続したチェックをおこない うつ病の状態を克服する為のアドバイスや状態の管理を行ってくれます。 このように今では簡単にチェックできる状態となっており手軽に調べる事が可能です。

うつ病診断において注意する点

うつ病の診断において一番注意しなければいけない点は自分が今どのような状態なのか客観的に見なければいけない点です。 Webによる診断やアプリによる診断は全て自己申告によって状態がどうなのか教えてくれるものです。 その為、先入観がある状態でうつ病診断を行うと結果がうつ病に傾いてしまう場合があります。 うつ病診断を行う場合は、出来る限り自分の状態を客観的に見るように心がけてください。 難しい場合には他者から今の自分はどのような状態に見えているのか聞いてみることもよいでしょう。 しかし、うつ病であるかの診断を病気の知識がない状態で自己診断することは難しいことであり危険なことでもあります。最終的な判断と治療方法は専門の医師と相談するとよいでしょう。